EXHIBITIONS
> 過去の展覧会

> 過去の展覧会(2018)

> 過去の展覧会(2017)

> 過去の展覧会(2016)

> 過去の展覧会(2015)

> 過去の展覧会(2014)

> 過去の展覧会(2013)

> 過去の展覧会(2012)


Art Space-MEISEI
令和元年10月15日(火)〜10月20日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
◆ コメント
身近な草花と小さな生き物を中心に描いています。

近年は古典和歌の世界に興味を持ち、着想を得てきました。
長い月日を経ても色あせず、まるで今日の出来事のように身近な光景を瑞々しい感性で描いている、和歌の世界に憧れます。
私は研究者ではありませんが、自分なりの自由な解釈で和歌と身近な世界を繋げていきたいと考えています。
◆ 略歴
1989年 兵庫県豊岡市生まれ
2010年 春季創画展 入選
2012年 京都市立芸術大学作品展 市長賞・山口賞
     小林紗世子・松田朋子 ふたり展 (ヤマモトギャラリー/京都)
     京都花鳥館賞奨学金2012 優秀賞
2014年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程修了
     創画展 入選(同15年)
2015年 続 京都日本画新展 出品(同16年)
2018年 雪梁舎フィレンツェ賞 入選
Art Space-MEISEI




Art Space-MEISEI
令和元年10月22日(火)〜10月27日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
◆ 作家コメント
呼吸をするように流れる時間の中の一瞬をとらえ
物の本質を描いた作品の数々を是非ご高覧ください。
◆ 作家紹介
命を一貫したテーマとして描き続ける。
全国各地の百貨店・画廊で多数個展開
Art Space-MEISEI




Art Space-MEISEI
令和元年10月29日(火)〜11月3日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
◆ 作家
北島 文人 池上 真紀 田住 真之介 三好 温人
-「京都の日本画」の美意識を追求する -
この度、京都を拠点に活動する、日本画グループ『生動』の展示を京都寺町 Art Space-MEISEI で開催いたします。
毎年国内外問わず、多くの観光客が訪れる京都。文化庁の移転も近づき、文化芸術面での発信力が期待されておりますが、そのような中で、京都の日本画を再評価する動きも生まれています。
明治以降、関東の画壇とはまた少し違った発展を遂げてきた京都の日本画。それらは写生を基礎にした、自らの目と体験に基づくリアリティに裏打ちされたものでした。 現代に於いても京都を拠点としながら、その精神に魅力を感じ、制作をしている画家が数多くいます。この『生動』のメンバーもそんな京都の日本画を追求している作家達と言えるでしょう。
今なお息づく京都の日本画の美意識を作家たちの作品から感じていただければ幸いです。
日本画グループ『生動』について
『生動』は2017年に発足した京都の日本画家のグループです。京都という場所で、日本画を学ぶ中でその土地に根付く美意識に感化され、制作活動を行っているメンバーたちです。グループ名の『生動』は、5世紀頃の中国南北朝時代の画家、謝赫がその著書『古画品録』の中で述べた、画の六法の中にあげた「気韻生動」から来ています。この気韻生動とは、技法上の言葉ではなく、絵画の持つ精神性を指したものであり、生命の持つ気、すなわち働きが韻律(リズム)を持って躍動する様が表現されていることです。それらがまた鑑賞者に精神的な躍動を与えることを目指すものです。京都の日本画の美意識中にも、その精神は「写生」という形で継承されています。私たちは、それらの精神的指針を継承し、表現するために、実際に対象を写生する行為を重視しながら制作活動を行っています。決して派手さはなくとも、鑑賞者の心に寄り添うことのできる創作を目指しています。
Art Space-MEISEI



◆ 北島 文人 Kitajima Fumihito
1981年 福岡県生まれ
2013年 京都市立芸術大学大学院修了
2017年 第5回続京都日本画進展 優秀賞
2019年 山種美術館日本画アワード seed
2019入選 現在、嵯峨美術大学講師
◆ 池上 真紀 Ikegami Masanori
1989年 兵庫県生まれ
2013年 京都市立芸術大学大学院修了
2018年 第27回飛騨高山臥龍桜日本画大賞展 入選
2019年 個展 池上真紀日本画展(田中美術)
◆ 田住 真之介 Tazumi Shinnosuke
1989年 広島県生まれ
2012年 京都嵯峨芸術大学日本画分野卒業
2018年 個展 田住真之介日本画展(田中美術)
2019年 山種美術館日本画アワード seed2019 入選
◆ 三好 温人 Miyoshi Atsuhito
1989年 愛媛県生まれ
2018年 嵯峨美術大学大学院修了
2019年 第23回松柏美術館花鳥画展 優秀賞

Art Space-MEISEI
令和元年11月5日(火)〜11月10日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
◆ 作家
川瀬 美帆 范沄涛 高畑 彩佳 高資婷
青木ゼミ展によせて
江戸時代の鎖国こそ日本美術を独自性ある発展をさせ、京都で花を咲かせました。
奈良から大津そして京都へと遷都された大きな理由は、豊かで良質の水を求めたことによります。
世界でも類を見ない良質の軟水は、和紙、墨、膠、顔料製造には鉄分を含まない軟水は大きく影響してきました。

生まれ育った環境と京都という地域性から生み出される表現を、過去と現在を俯瞰し解りやすく言語化することは 日本美術の大きな課題として青木ゼミ生たちは受け止めています。
何よりも技法や材料、その使い方と作品のコンセプトを乖離して考えることは出来ません。
歴史的表現の裏付けを現代の科学で検証し、最先端素材の応用を提案する青木ゼミ生の表現に期待したい。

京都造形芸術大学教授、京都技法材料研究会会長 青木芳昭
Art Space-MEISEI



川瀬 美帆
「魚の手足」1800mm×8320mm 6枚連結 2019
◆ 川瀬 美帆 Kawase Miho
1996年神戸生まれ
京都造形芸術大学大学院修士1年次在籍


2019年 京都造形芸術大学卒業展 優秀賞
     佐川美術館栗和田榮一賞
    「石本正日本画大賞展」出品 石正美術館
◆ 范沄涛 Fan Yuntao
1994年中国蘇州生まれ
京都造形芸術大学大学院修士2年次在籍

2011年 来日
2017年 京都造形芸術大学・卒業制作選抜展「シュレディンガーの猫」出品(東京都美術館/東京)
范
「日本の風景」1350mm×4050mm 2019
高畑 彩佳
「象牙の塔」
2400mm×900mm 12枚連結 2400mm×900mm 9枚連結2018
◆ 高畑 彩佳 Takabatake Sayaka
1995年香川県生まれ
京都造形芸術大学大学院修士2年次在籍
クマ財団第3期奨学生


2019年 「第42回三菱商事アート・ゲート・プログラム」(三菱商事/東京)
2018年 個展「象牙の塔」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/香川)
     個展「ちいさな塔」(秋寅の館まちの駅ギャラリー/香川)
◆ 高資婷 Kao Tzuting
1992年台湾・台北生まれ
京都造形芸術大学大学院博士1年次在籍
公益財団法人佐藤国際文化育英財団第29期奨学生

2019年 京都造形芸術大学大学院修了展 大学院賞
     新竹藝術博覧会ART HSINCHU 出品(晴山藝術中心/台湾・新竹)
     台中藝術博覧会ART TAICHUNG 出品(晴山藝術中心/台湾・台中)
高
「鬼月」2356mm×1273mm 2枚 2019

Art Space-MEISEI
令和元年11月12日(火)〜11月17日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
《略歴》
1992年 兵庫県生まれ
公益財団法人佐藤国際文化育英財団 第25期奨学生
京都造形芸術大学大学院芸術専攻修了

2019年 京都 日本画新展2019 優秀賞受賞(えきKYOTO/JR京都伊勢丹)
     現代人気作家たちの小さな絵画展(阪急うめだ本店美術画廊/大阪)
2018年 個展「うそうそどき」(フリュウ・ギャラリー/東京)
     京都府新鋭選抜展2018 優秀賞受賞(京都府立文化博物館/京都)
2017年 「へんないきもの展8」(フリュウ・ギャラリー/東京)
     第6回 祇園祭によせて…扇子展(Art Space-MEISEI/京都)
     山本冬彦推薦作家による「新春日本画7人展U」(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
     2016年度京都造形芸術大学大学院 修了展(京都造形芸術大学/京都)
2016年 第25回奨学生美術展(佐藤美術館/東京)
     画心展2016(佐藤美術館/東京)
     グループ展「おなじ足跡、ちがう足音」(アートギャラリー北野/京都)
2014年 京都造形芸術大学卒業制作 卒業制作 奨励賞
     京都アートフェア(みやこめっせ/京都)
《コメント》
西洋的な写実性と、東洋的な平面性をひとつの画面にいれこむことで違和感のような
面白い表現ができないか模索しています。
主に二ホンカワウソをモチーフにすることが多いです。
個展タイトル「うそやぐ」というのは、鼻がくすぐったくなる・おかしくて笑いたくなる、
などの意味があります。少し笑ってしまうような、そんな絵を見て頂ければと思います。
Art Space-MEISEI




Art Space-MEISEI
令和元年11月19日(火)〜11月24日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
◆ 作家
川嶋 渉 浅野 雄大 奥村 絵美 福田 季生 是永 麻貴 上坂 秀明 高野 純子
服部 しほり 西川 紘子 土淵 麻衣 山田 衣織 幸山 ひかり
Art Space-MEISEI




Art Space-MEISEI
令和元年11月26日(火)〜12月1日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
◆ 略歴
1970年 京都市生まれ
1994年 名古屋芸術大学 絵画科 日本画専攻卒業
1997年 日展 初入選
2003年 青垣2001年展 京都新聞社賞(05朝日新聞社賞)
2008年 京都日本画家協会選抜展 毎日新聞社賞
2011年 全関西美術展 第三席 (12佳作賞)
2014・2015年 日春展 日春賞
2014年 臥龍桜日本画大賞展 奨励賞 ・日展 特選
2015年 公募団体ベストセレクション美術2015出品
2016年 第1回松柏日本画展 優秀賞
現在 日展会友、京都日本画家協会会員(理事)
Art Space-MEISEI




Art Space-MEISEI
令和元年12月3日(火)〜12月8日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
Art Space-MEISEI




Art Space-MEISEI
令和元年12月10日(火)〜12月15日(日)
AM11:00〜PM6:00 (最終日は17:00まで)
Art Space-MEISEI




Copyright© 2011-2019 Art Space-MEISEI All Rights Reserved.